DDIポケット、AirH”の128kbpsサービスを3月26日より開始。試験サービスは2月26日から | RBB TODAY

DDIポケット、AirH”の128kbpsサービスを3月26日より開始。試験サービスは2月26日から

ブロードバンド その他

 DDIポケットは、3月26日より128kbpsデータ通信対応端末を対象とした「128kbpsパケット通信サービス」を開始すると発表した。また、試験サービスとして、抽選で選ばれた1500名のモニタを対象に、2月26日から「先行試験モニタサービス」も実施する。

 128kbpsパケット通信サービス「オプション 128」は、対応した端末が4つのDDI基地局との通信を行うことで、下り最大128kbps/上り最大68kbpsのデータ通信を行うというもの。同社の32kbps定額パケット通信サービス「つなぎ放題コース」(月額5,800円)のオプションとして提供される。そのため、利用するには「つなぎ放題コース」への加入が前提となる。オプションの月額利用料は3,500円。

 ただし現時点では、本サービスに対応する端末は発売されていない。対応する端末の第1号は、1月25日に発売が予定されている「AH-G10」となる予定。「AH-G10」は、32/128kbpsに対応したPCカード型PHS端末。

 128kbpsサービスの提供エリアは、AirH”の利用可能な全地域。対応するプロバイダはDDIが運営するPRINの他、AirH”のつなぎ放題コースに対応するプロバイダ各社を対象に、順次対応時期を調整していくとしている。

 モニタ募集期間は1月25日正午から2月17日まで。申し込みは専用ページから行う。応募するにあたっては、128kbpsサービスに対応した端末「AH-G10」を購入し、つなぎ放題コースに加入しているという条件を満たしている必要がある。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top