シマンテック、バード・ビュー、KCOM、インターネットマンション向けのウイルスチェックサービスを開始 | RBB TODAY

シマンテック、バード・ビュー、KCOM、インターネットマンション向けのウイルスチェックサービスを開始

ブロードバンド その他

 シマンテック、バード・ビュー、KCOMの3社は、インターネットマンションに向けたウイルスチェックサービスの提供を開始すると発表した。

 本サービスは、バード・ビューのファイアウォールによる外部からの不正アクセスの遮断と住居間の不正アクセスのブロック、シマンテックとKCOMの提携によるメールのウイルスチェックサービスを組み合わせたもので、インターネットのセキュリティレベルをマンション内の各戸で統一し、Nimdaなどの複合型ウイルスによる被害を未然に防ぐというもの。

 ウイルスチェックにはシマンテックの「Norton AntiVirus」が使用され、KCOMが管理するサーバが最新のウイルス定義ファイルによるチェックを行う。また、万一ウイルスによる被害が発生した場合でも「シマンテック・セキュリティ・レスポンス」によるホットラインが用意されており、24時間365日の体制でウイルス被害に対応する。

 なお、既に本サービスは、日商岩井不動産が今年8月に販売した新築マンション「ソフィア戸塚」に導入されサービスが開始されている。シマンテックによると、今後3年間で同不動産を始めとした物件1万戸への供給を予定しているという。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top