NTT中部テレコン、フレッツ回線を利用したCTIサービスの提供を12月27日より開始 | RBB TODAY

NTT中部テレコン、フレッツ回線を利用したCTIサービスの提供を12月27日より開始

ブロードバンド その他

 NTT中部テレコンとNTT西日本は、フレッツ回線を利用したネット型CTIシステム「いんたーねっとCTI」を開発したと発表した。12月27日より、本システムを利用したCTIサービスの提供とシステムの販売(販売はNTT中部テレコンが担当)を開始する。

 いんたーねっとCTIは、NTTの地域IP網を経由して遠隔にあるCTIサーバを操作し、利用者がCTIの機能を利用できるASP型のテレフォニサービスである。CTIサーバはNTTのデータセンター内に設置されているので、利用者は自前でシステムを用意する必要がない。そのため、導入コストやメンテナンスなどにかかる費用を抑えられるというメリットがある。

 CTIサービスの利用が可能な回線はフレッツ・ISDN、フレッツ・ADSL、Bフレッツ、提供地域はフレッツサービスの提供エリア、利用料金は月額1,500円/1クライアント(フレッツ回線、ナンバーディスプレイなどの利用料金は別途必要)となっている。本サービスにより提供される各機能の詳細は以下のとおり。

着信表示
 電話の着信に合わせて、あらかじめ登録された顧客情報をパソコン画面に表示

顧客情報検索
 年齢や住所などの条件から、顧客データベースの中で該当するデータを検索

注文受付
 登録された商品データを利用して注文の受け付けを行うことができる。注文の履歴はCSV形式でダウンロードも可能

複数拠点利用
 複数の拠点で顧客データを共有してCTIサービスを利用できる

地図表示
 電話をかけてきた顧客の(住所情報に基づいた)地図を表示する

モバイル利用
 外出時に着信情報を携帯電話のメールで受け取ることができる。また、外出先から着信履歴や顧客データの参照も可能
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top