イー・アクセス、ルータタイプADSLモデムをPPPoEモードに変更する手順を公開 | RBB TODAY

イー・アクセス、ルータタイプADSLモデムをPPPoEモードに変更する手順を公開

IT・デジタル その他

 イー・アクセスは、ルータタイプのADSLモデム3機種について、PPPoEによるブリッジ接続を行う手順を公開した。対象モデムは、1.5Mbps対応のTE/4CとTE4111C、および1.5Mbps/8Mbps両対応のTE4121C(いずれも住友電気工業製)。

 PPPoEモードを使用すると、PPPoE対応のOSに直接グローバルIPアドレスを設定できるようになるほか、ユーザがローカルルータを独自に導入した際に、設定の幅が広がるといったメリットがある。

 これらのモデムは従来、NATルータモードで使用するようマニュアルなどで指定されていたが、一部の利用者の間ではPPPoEによる接続が可能なことが知られていた。今回イー・アクセスが手順書を公開したことで、PPPoEによる利用が正式に認められたことになる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top