本日の8MフレッツADSL対応プロバイダ:KCOMとCISNet | RBB TODAY

本日の8MフレッツADSL対応プロバイダ:KCOMとCISNet

ブロードバンド その他

 本日、フレッツ・ADSL 8Mタイプへの対応について発表したISPはKCOMと中国情報システムサービス(CISNet)の2社。サービス開始はKCOMが昨日(25日)より、CISNetが2月上旬からの予定。

 KCOMで8Mサービスの利用が可能な契約タイプは、「タイプS」「タイプA」「タイプD」「タイプE」「タイプF」の6種類。すべてのプランで1.5Mサービスからの移行に伴う手続きや追加料金などは発生しない。ただし、タイプA/D/Eは規定時間を超えたり設定時間以外にアクセスすると超過料金が発生するので注意してほしい。サービスエリアはフレッツ・ADSL 8Mタイプの東京地域に準じたものとなる。

 中国情報システムサービス(CISNet)は、NTT西日本のフレッツ・ADSL 8Mタイプへの対応を予定している。サービス開始は2月上旬の予定。サービスエリアや利用料など詳しいことは不明。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top