Yahoo! JAPANなどソフトバンクグループと名めた、愛知県大口町の「サイバータウンプラン」に参画し、来年5月より「BB Phone」を町内全域に導入 | RBB TODAY

Yahoo! JAPANなどソフトバンクグループと名めた、愛知県大口町の「サイバータウンプラン」に参画し、来年5月より「BB Phone」を町内全域に導入

ブロードバンド その他

 Yahoo! JAPAN、ビー・ビ—・テクノロジーなどソフトバンクグループと名古屋めたりっく通信は、愛知県大口町が提唱する「サイバータウンプラン(地域情報化推進計画)」に参画し、その一環として来年5月をめどに、町内全域でIP電話「BB Phone」を導入する。

 BB Phone導入の対象となるのは、同町の全世帯(約6,800世帯)に加え、町内の法人、公共施設。まずは来年1月より300名程度のモニターを対象に無料試験サービスを提供したのち、5月をめどに本サービスを開始する予定で、本サービス時にはソフトバンクグループがBB Phoneの初期登録料(3,980円)と3か月分のBB Phone月額利用料を無料で提供する。またBB Phone導入にあたり大口町では、BB Phone月額利用料とBB Phone・Yahoo! BB両対応のコンボモデムのレンタル費用に関して、町の補助を検討している。なお、住民への各種サポートは名古屋めたりっく通信が担当する。

 BB Phoneが導入された場合、大口町ではIP電話を利用した場合の住民同士の通話が無料になるほか、日本国内や海外に対しても格安で通話ができるようになる。また別途月額利用料が必要だが、Yahoo! BBによるブロードバンド・インターネットサービスの恩恵も享受できる。大口町ではこうした「サイバータウンプラン」による町域全体のIT化により、地元企業の競争力強化や行政のe-ガバメント化が促進されることを期待している。

 愛知県大口町は、県北西部に位置する人口約20,000人の町。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top