コアラ、韓国生まれのビデオチャットサービスを月額500円でサービス開始 | RBB TODAY

コアラ、韓国生まれのビデオチャットサービスを月額500円でサービス開始

ブロードバンド その他

 コアラは、ビデオチャットシステム「Vchatサービス」の提供についてジャパンメディアシステムと提携した。この提携は、Vchatサービスを九州に普及することを目的として締結されたものである。

 Vchatサービスは、韓国ベンチャーのインターメディアとジャパンメディアシステムが共同開発したシステムで、韓国でも広く普及している。本サービスの特徴は、(1)プライベートIPを使用する (2)専用ツールセットによってセッティングが簡単 (3)ビデオ映像を見ながら同時に10人までのユーザとチャットしたり、共有ホワイトボードが利用できる (4)メールやメッセージ機能などの通信ツールがある (5)通信内容をローカルディスクに録画できる (6)スクリーン・ビューファインダーを使って、静止画や動画を送信できるなどが挙げられる。利用料は月額500円。

 サービス開始にあたり、コアラは12月31日23:00より1月1日1:00まで、「ビデオチャットで”行く年来る年2002”」を開催する。これは、コアラスタッフによるビデオチャット大会のようなイベントで、クイズやゲームなどがネットワーク上で行われる予定である。

 コアラは、ジャパンメディアシステムの代理店として、九州地方でのビデオチャット専用ツールの販売を行う。専用ツールには、USBカメラ、ヘッドセット、専用アプリケーションが同梱されている。販売価格は19,800円。なお、2002年3月まではサービス開始記念として、コアラ会員には14,800円、12月21日〜2002年3月末までにADSL利用を申し込んだ加入者には12,800円、その他の加入者でも15,800円のサービス価格で販売される。また、セット購入者は1か月無料で利用できるお試し期間がある。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top