ヴェクタント、アバヴネットと共同でNSPIXP-2分散化実験に参加。コムスペースとNSPIXP-2の相互接続で | RBB TODAY

ヴェクタント、アバヴネットと共同でNSPIXP-2分散化実験に参加。コムスペースとNSPIXP-2の相互接続で

ブロードバンド その他

 ヴェクタント・ジャパンは、アバヴネットジャパンと共同で、WIDEプロジェクトの運営するIX「NSPIXP-2」の分散化実験に参加したと発表した。ヴェクタント・グループが東京日本橋に保有するデータセンタ「コムスペース」と、東京大手町にあるNSPIXP-2の間を光ファイバ(帯域は8Gbps)で相互接続、コムスペースにNSPIXP-2分散拠点を設置した。

 このような分散型のIXサービスでは、複数存在する接続点(この場合は千代田区大手町のNSPIXP-2本体と、中央区日本橋のコムスペース)のどちらで接続しても、NSPIXP-2に接続しているネットワークとのトラフィック交換が可能となる。

 また、このNSPIXP-2分散化実験では、IPv6普及・高度化推進協議会の実施する実証実験への参加も予定されている。コムスペースのNSPIXP-2分散拠点と、外部のIPv6ネットワークを、相互接続する予定という。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top