NTTコミュニケーションズ、ダークファイバを利用した低廉な混載サービス「ブロードバンドミックス」の提供を開始 | RBB TODAY

NTTコミュニケーションズ、ダークファイバを利用した低廉な混載サービス「ブロードバンドミックス」の提供を開始

ブロードバンド その他

 NTTコミュニケーションズは、複数のネットワークサービスをダークファイバに混載して一括提供する「ブロードバンドミックス」サービスの提供を開始したと発表した。

 本サービスは、ダークファイバの光パスを利用して提供されるサービスで、同社の音声サービス「Arcstarダイレクト(PRI/BRI)」、インターネット接続サービス「スーパーOCNライト(1.5Mbps)」、データ通信サービス「e-VLAN(1〜10Mbps)」から2つを組み合わせる形で利用することができるというもの。ダークファイバを複数のサービスで共有することで、それぞれにかかる回線コストを削減できる。また、Arcstarダイレクトによる通話料金も、大幅に低く設定されている(市内通話31.2%割引、市外通話最大約59%割引)。

 各ネットワークサービスの料金およびアクセス料金は以下のとおり。

Arcstarダイレクト
基本料金
・PRI:30,000円
・BRI:1,500円

通話料金
・市内通話:5.85円/3分

スーパーOCNライト
・1.5Mbps:125,000円

e-VLAN
クラス1
・1Mbps:50,000円
・2Mbps:55,000円
・3Mbps:60,000円
・4Mbps:65,000円
・5Mbps:70,000円
・6Mbps:74,000円
・7Mbps:78,000円
・8Mbps:82,000円
・9Mbps:86,000円
・10Mbps:90,000円

クラス2
・10Mbps:57,000円

アクセス料金
・Arcstarダイレクト:75,000円
・スーパーOCNライト(1.5Mbps):75,000円
・e-VLAN:80,000円
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top