スターキャット、ケーブル事業者としては初めて光ファイバ賃貸事業に参入。芯線単位での貸し出しで、2芯・1kmなら月8万〜16万円で | RBB TODAY

スターキャット、ケーブル事業者としては初めて光ファイバ賃貸事業に参入。芯線単位での貸し出しで、2芯・1kmなら月8万〜16万円で

ブロードバンド その他

 スターキャット・ケーブルネットワークは、光ファイバを芯線貸しする「光ファイバー専用サービス」の提供を開始すると発表した。1芯もしくは2芯を単位に、ユーザー宅内に光ファイバを引き込むサービスで、長期継続利用によるディスカウントもある。提供開始は12月20日。同社によれば、ケーブルテレビ事業者による光ファイバの賃貸は日本で初めてという。

 提供エリアは、名古屋市の中区、東区、中村区、北区、西区、熱田区、中川区、港区、南区、天白区、千種区、昭和区、瑞穂区、名東区。

 通信速度については、利用者が両端にどのような機材を使用するかで決まり、スターキャットによる制約は特にない。企業や学校の拠点間接続などに使用できるほか、メディアキャットのハウジングサービス経由でJPIX名古屋への接続にも利用できる。

 本サービスの利用料金は以下のとおり。

1芯コース
 通常契約 100,000円/月(〜1km)10,000円/月(追加100mごと)
 長期(3年)70,000円/月(〜1km)7,000円/月(追加100mごと)
 長期(5年)50,000円/月(〜1km)5,000円/月(追加100mごと)

2芯コース
 通常契約 160,000円/月(〜1km)16,000円/月(追加100mごと)
 長期(3年)112,000円/月(〜1km)11,200円/月(追加100mごと)
 長期(5年)80,000円/月(〜1km)8,000円/月(追加100mごと)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top