セガ、ブロードバンド配信も視野に入れた劇場用ショートフィルム「jam(仮)」の製作を発表 | RBB TODAY

セガ、ブロードバンド配信も視野に入れた劇場用ショートフィルム「jam(仮)」の製作を発表

エンタメ その他

 セガは、アン・エンタテインメントと共同で、劇場用ショートフィルム「jam(仮題)」を製作すると発表した。「jam(仮題)」は、7つの独立したショートフィルムからなる作品で、ギャガ・コミュニケーションズ配給による劇場公開の他、ブロードバンド配信やテレビ放送、パッケージ販売などで展開される。

 「jam(仮題)」の7つそれぞれのショートフィルムは、劇場用長編映画で実績を持つ若手実力派監督が起用される予定で、劇場公開に先立って、映画祭「アメリカン・ショート・ショートフィルムフェスティバル」でのプレミア上映も予定されている。

 セガは、「jam(仮題)」の製作およびメディア展開を通じて、映像コンテンツ事業の展開をはかりたいとしている。劇場公開は2002年夏の予定。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top