IPv6普及・高度化促進協議会がNet.Liferium2001で記者発表会 | RBB TODAY

IPv6普及・高度化促進協議会がNet.Liferium2001で記者発表会

エンタープライズ その他

 IPv6普及・高度化促進協議会は、横浜市のパシフィコ横浜で開催中のイベント「Net.Liferium2001」で記者発表会をおこない、同協議会がこれまでおこなってきたIPv6普及のための活動などについての報告を行った。

 発表の中では、シスコシステムズとマイクロソフトからのビデオメッセージも公開された。シスコはIOS(ルータ用OS)のIPv6対応を完了、マイクロソフトは新OS WindowsXPでIPv6スタックを標準搭載している。こうした企業だけでなく、米国政府も政府調達でのIPv6を政策として取り入れることが話題となっている。日本・アジア地域と比較して、IPv6にあまり乗り気でないといわれる米国も、IPv6を無視できない状況になってきたということだろう。

 記者発表会の後には、大阪で開かれている倉木麻衣らのライブ中継も催された。特設ステージに設置された大画面で、大阪の会場と映像・音声をつなぐというもので、ギガビットネットワークを使った世界初のIPv6のみでのストリーミング中継となった。中継に使われた機材は一般でも普通に入手可能なものばかりで、通常のPCにIEEE1394でDVカメラを接続しているという。

 ここ1か月、個人向けサービスとしてのIPv6接続サービスが実験的であれ提供され始めており、IPv6インターネットが現実味を帯びてきていることが強く印象づけられた。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top