イー・アクセス、8Mサービス移行に遅れが生じる。平均して手続き期間は約1か月 | RBB TODAY

イー・アクセス、8Mサービス移行に遅れが生じる。平均して手続き期間は約1か月

ブロードバンド その他

 イー・アクセス回線を利用したADSLサービスに、1.5Mサービスから8Mサービスへの移行に遅れが生じているもようだ。変更完了までに要する期間はほぼ1か月と、今年4月頃の1.5Mサービス開通状況を思い起こさせる。

 同社によると、12月17日までにISPから変更の申し込みが届いたユーザは2002年1月上旬〜中旬までに変更完了となるが、18日以降のユーザは約1か月かかるという。この移行完了の遅れは、申込者があまりにも多くて、処理が追いつかない状況からのようだ。

 実際、編集部にも読者より8Mサービスに移行するのに1か月以上待たされているいう情報が寄せらている。これら移行手続きが遅れているユーザに対して、遅れているという現状をありのまま説明することは同社のイメージにもプラスに働くだろう。

 イー・アクセスが8Mサービス対応を公表したのは9月21日、申し込み受け付けは提携しているISPによって異なるが10月中にはほとんどのISPが対応を表明していた。11月に入り、各地のNTT交換局で8Mサービスが開始されるにつれて、申込者は加速度的に増加しているようである。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top