PowerBand、VDSLとフレッツ・ADSLを利用した新メニューを追加。VDSL回線ならば下り10Mbpsで月額4,300円 | RBB TODAY

PowerBand、VDSLとフレッツ・ADSLを利用した新メニューを追加。VDSL回線ならば下り10Mbpsで月額4,300円

ブロードバンド その他

 パワーバンドコミュニケーションズは、2002年2月よりVDSL回線とフレッツ・ADSLを利用した新たなサービスメニューの提供を開始する。

 新たに追加されるのは、VDSL回線を利用し最大下り10Mbpsの「PowerBand Type X」、最大下り1.5/8Mbpsのフレッツ・ADSLを利用した「PowerBand Type F」の2種類。新サービスの追加により、従来のHome-PNA方式を利用したサービスは「owerBand Type I」(最大下り1Mbps)と名称を変更することになる。

 同時に、これまでオプションサービスだった「ファミリーパック」「PhotoHighway BB」も2002年2月より標準サービスとなる。ファミリーパックとは最大5個まで家族分のメールアカウントが追加でき、全国200か所以上のアクセスポイントが利用できるサービスで、月額400円で提供されていた。また、PhotoHighway BBは、「フォトアルバム・フォトメール」「ストリーミング配信」「ファイル共有・同期」「オープンスペース機能」をもつオンラインストレージサービスである。月額利用料は500Mバイトが300円、1Gバイトが500円。

・PowerBand Type X(VDSL接続による新サービス)
 速度:下り10Mbps
 利用料:4,300円

・PowerBand Type F(フレッツ・ADSLを利用した新サービス)
 速度:下り1.5/8Mbps
 利用料:1,690円(別途、フレッツ・ADSL利用料が必要)

・PowerBand Type I(従来サービス)
 速度:下り1Mbps
 利用料:4,300円

 また、同社は12月1日より東京都北区の北ケーブルネットワークと千葉県成田市の成田ケーブルテレビの両社にPowerBandサービスの提供を開始した。今後も、同社は東名阪のCATV事業者との提携により、サービスエリアの拡大を予定している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top