アイコム、ビル間通信ユニット「SB-1100」とワイヤレスLANブリッジ「SB-11B」の最新ファームウェアを公開。 | RBB TODAY

アイコム、ビル間通信ユニット「SB-1100」とワイヤレスLANブリッジ「SB-11B」の最新ファームウェアを公開。

IT・デジタル その他

 アイコムは、同社のビル間通信ユニット「SB-1100」とワイヤレスLANブリッジ「SB-11B」のファームウェアをアップデートした。最新版による修正内容はどちらも共通で、いずれも有線LANを接続する際のブリッジモード時の動作に関する不具合が修正されている。最新ファームウェアのアップデートによる変更内容は以下のとおり。

・ブリッジモード時にブロードキャスト/マルチキャスト・パケットが常に11Mbpsで送信される不具合の修正
・ブリッジモード時の本体内部の通信中端末リストの学習方法を修正
・ブリッジモード時、無線経由でのファームウェアのアップデートに対応
・ファームウェアのアップデートモード時にもセキュリティ機能(WEP)が使用できるように修正
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top