J-DSL、和歌山県で初の1.5Mサービスを開始。年内に4局全部でサービス提供予定 | RBB TODAY

J-DSL、和歌山県で初の1.5Mサービスを開始。年内に4局全部でサービス提供予定

ブロードバンド 回線・サービス

 J-DSLは、8日付けで新たに和歌山県の和歌山3局と和歌山東局の2局で、下り1.5MbpsのADSLサービスを開始した。和歌山県は、他県に比べサービス開始が遅れていたが、年内には予定している4局すべてでサービスを提供することになっている。なお、和歌山県でのサービス開始により、J-DSLサービスはADSLサービスの提供を予定している都道府県のすべてでサービスインしたことになる。

 また、これら2局での1.5Mサービス開始により、未開局となっているNTT交換局は鹿児島県の鹿児島局(12月下旬〜1月開局予定)、和歌山県の和歌浦別館局、狐島別館局(両局とも12月予定)の3局となった。

 なお、北海道エリアではパーソナルサービスが半数近く完売となっており、依然として設備が逼迫している状況に変わりがない。一方、首都圏では設備が増強されており、完売局も減少している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top