アッカ、8Mbpsサービスの一部にスループットが出ない問題について経過報告を公表。来週までに対処の予定、と | RBB TODAY

アッカ、8Mbpsサービスの一部にスループットが出ない問題について経過報告を公表。来週までに対処の予定、と

ブロードバンド その他

 アッカ・ネットワークスは、同社が提供中の8Mbps ADSLサービスについて、一部で発生しているスループットが出ないトラブルについて、原因と対処の経過を公表した。

 これは、確立しているADSLのリンクが約2Mbpsより遅い場合に、スループットが出ない、もしくはPPP接続ができずにIPアドレスが取得できない(したがってインターネット接続が出来ない)などの不具合で、アッカでは現在、局側の機器の調整によって対処を進めているという。対策の完了は来週になる見込み。

 また、ノイズなどが原因で切断・再接続が頻発しているユーザに対しては、接続速度を下げることで安定させられるという。こちらはリンク速度に関わらず発生する可能性がある。こちらについては、切断の頻度などを添えた上で、プロバイダ経由で問い合わせて欲しいとのことだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top