スピードネット、東京都市部と川崎市へエリアを拡大し、無線・FTTHサービスを本格スタート | RBB TODAY

スピードネット、東京都市部と川崎市へエリアを拡大し、無線・FTTHサービスを本格スタート

ブロードバンド 回線・サービス

 スピードネットは上り/下り最大1.5Mbpsの無線サービスのエリアを、12月1日より東京都市部と神奈川県川崎市の一部へ拡大し、月額2,450円(機器使用料900円が別途必要)からの新料金プランにて本格スタートしたと発表した。

 また、上り/下り最大100MbpsのFTTHサービスについても同様に、12月1日より東京都市部、川崎市においてサービスを開始した。無線サービスからFTTHへの移行は、変更手数料無料でメールアドレスの変更もなく行えるという。

 あらたにサービスが開始されたのは下記のエリア。

東京都市部
 三鷹市 府中市 調布市 小金井市 国分寺市 国立市 狛江市

神奈川県川崎市
 高津区 多摩区 宮前区

 今後同社は、インフラ事業のみならずISP事業についても積極的に展開し、光ファイバを活用したコンテンツの配信などをコンテンツ事業者との提携により推進していく方針だ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top