イー・アクセス、Windows Messenger機能を使ったインターネット電話のサービス開始を1月に延期。品質への課題が解消されていないと | RBB TODAY

イー・アクセス、Windows Messenger機能を使ったインターネット電話のサービス開始を1月に延期。品質への課題が解消されていないと

ブロードバンド その他

 イー・アクセスは、11月16日のWindows XP発売と同時に開始を予定していたインターネット電話サービスの開始を2001年1月へと延期することになった。

 同社のインターネット電話サービスは、マイクロソフトのWindows XPに標準搭載されているWindows Messenger機能を利用して提供されることになっており、国内だけでなく海外200か国以上にパソコンから通話できるシステムである。サービス開始時には、無料お試しキャンペーンも予定されている。

 サービス延期の理由について、同社は米国で先行された同サービスの品質について解決しなければならない課題が、まだ解消されてないことを挙げている。本サービスは、同社にとってADSLサービスと並ぶ基幹事業と位置付けられており、サービス開始の遅れがどのようなハンディとなるか、今後に着目したい。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top