ぷららが3分20円のIP電話サービスに参入。Phone to Phone形の本格的電話サービスに | RBB TODAY

ぷららが3分20円のIP電話サービスに参入。Phone to Phone形の本格的電話サービスに

ブロードバンド その他

 ぷららは、3月より実験をしてきたIP電話サービスの実験を終了し、本格的なIP電話サービスに参入する。ぷららのサービスである「ぷららフォン」は、Phone to Phoneサービスで、0091をダイアルすることで発信する。料金は全国一律3分20円で、NTT東西の電話回線が対象となる。

 利用はぷららの個人会員に限定されており、課金はぷららの利用料金として請求される。このため、ぷらら会員(ぷららライト会員、ぷららパラダイスForYou倶楽部会員は除く)である必要が出てくる。また、このサービスの提供のために、ぷららは事業者識別番号として「009191」および「009192」を取得しており、009191をダイヤルしてから相手先ダイヤルに発信することで、ぷららのIP電話として接続する。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top