スターキャットとKMN、東海地区で期間限定のホットスポット実験。アクセスポイント設置のほか、インターネットライブ配信も | RBB TODAY

スターキャットとKMN、東海地区で期間限定のホットスポット実験。アクセスポイント設置のほか、インターネットライブ配信も

ブロードバンド その他

 「MEDIACAT」ブランドのCATVインターネットサービスを手がけるスターキャット・ケーブルネットワークとKMNは、11月23日から25日の連休にかけて、名古屋市内でホットスポット実験(無線LAN実証実験)を行う。3日間の期間限定ながら、東海地区でホットスポットが提供されるのは初めてのこと。

 ホットスポットのアクセスポイントが設置されるのは、名古屋市中区の名古屋市立科学館(天文館)およびその周辺。事前登録等は特に必要なく、当日参加者がノートパソコンと無線LANカードさえ持参すれば、最高11Mbpsのブロードバンド・インターネットが体験できることになっている。(但し無線LANカードの設定は必要)

 また関連イベントとして、25日に行われる「ロボカップジュニア東海大会」の模様がライブ中継される。中継開始は同日の13:00からで、天文館のホットスポットを通じて楽しむことができるほか、インターネット向けのストリーミング配信も実施される。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top