NTTコミュニケーションズ、広域イーサネットサービス「e-VLAN」を全国展開。あわせてアーバンイーサ・メトロイーサによるアクセスも可能に | RBB TODAY

NTTコミュニケーションズ、広域イーサネットサービス「e-VLAN」を全国展開。あわせてアーバンイーサ・メトロイーサによるアクセスも可能に

ブロードバンド その他

 NTTコミュニケーションズは、現在首都圏で提供中の広域イーサネットサービス「e-VLAN」について、全国での提供を開始すると発表した。e-VLANは拠点間接続に使用するサービスで、あらたにエリアとなるのは全国6ゾーン、8道府県。

 また、これまではアクセスとしてATMメガリンクのみの対応となっていたが、あらたにメトロイーサ(NTT東)およびアーバンイーサ(NTT西)によるアクセス(最大1Gbps)も利用可能となり、あわせてe-VLANの速度品目も拡充される。

 提供開始は、総務省の認可が下り次第(認可申請及び届け出は11月19日)となっている。

■e-VLAN ゾーン一覧■

北海道ゾーン:北海道
宮城ゾーン:宮城県
南関東ゾーン:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県(サービス中)
東海ゾーン:愛知県
関西ゾーン:大阪府、京都府、兵庫県
広島ゾーン:広島県
福岡ゾーン:福岡県
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top