エレコム、USB ADSLモデムがつながるルータや、1万円を切った15Mbps高速ルータなどを発表 | RBB TODAY

エレコム、USB ADSLモデムがつながるルータや、1万円を切った15Mbps高速ルータなどを発表

IT・デジタル その他

 エレコムは、Laneedブランドのネットワーク機器として、あらたにルータ3機種を発売すると発表した。USB ADSLモデムに対応した「LD-BBR/B」、低価格・高スループットタイプの「LD-BBR4L」「LD-BBR4M」の3モデル。

 LD-BBR/Bは、WAN側にUSBタイプのADSLモデム、またはシリアルポート接続のTA/アナログモデムが使用できるというルータで、USBモデム経由のPPPoE/PPPoA接続が可能。WAN側にイーサネット接続は使用できないが、USBモデムを選択したユーザには非常に福音となる製品といえる。LAN側には10/100BASE-TX自動認識1ポートを装備する。発売予定は12月中旬で、標準価格は22,800円。

 高スループットタイプの「LD-BBR4L」と「LD-BBR4M」は、ADSLからFTTHまでをカバーできるブロードバンドルータ。WAN側は10/100自動認識1ポート、LAN側は10/100自動認識の4ポートスイッチングハブとなっており、ルータ機能はパケットフィルタリングや静的IPマスカレードにも対応している。発売予定は2月中旬。

■LD-BBR4M
 標準価格:17,800円
 スループット:最大42Mbps、実測28.3Mbps

■LD-BBR4L
 標準価格:9,800円
 スループット:最大15Mbps、実測10.3Mbps
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top