DTI、動画配信サイト「DREAM SCREEN」で有料配信サービスを開始 | RBB TODAY

DTI、動画配信サイト「DREAM SCREEN」で有料配信サービスを開始

エンタメ その他

 ドリーム・トレイン・インターネットは、ブロードバンド向け動画配信サイト「DREAM SCREEN」において、有料コンテンツ配信サービスを開始した。

 現在、幻の洋画劇場「HOLLYWOODPARTY4」(300円/7泊8日)、「インターネットショートドラマ」(200円/7泊8日)、ジーコのフットサル(600円/30泊31日)の3種類の有料コンテンツが用意されている。利用料の支払いには、書店、レコード店、パソコンショップやオンライン等で購入できるプリペイド方式のネットワーク対応電子決済システム「ビットキャッシュ」を利用する。

 対応プレイヤーはWindows Media PlayerとRealPlayerで、それぞれ300kbps、500kbpsの2帯域が用意されている。

 また、有料配信サービス開始を記念して、「スパイ・ゲーム」の特別試写会に合計100組200名(東京・大阪)を招待、全国鑑賞券を50組100名様にプレゼントするクイズも実施している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top