J-DSL、3都県で合計9局を開通し、茨城県が全局開通。未開局は残り37局に | RBB TODAY

J-DSL、3都県で合計9局を開通し、茨城県が全局開通。未開局は残り37局に

ブロードバンド 回線・サービス

 日本テレコムは、J-DSLサービスについて茨城県、東京都、岡山県の3都県で合計9局を新たに開局した。この開局により、未開局の交換局は13都県37局となった。なお、茨城県は今回の開局で全局が開通している。

 本日、開通したのは以下のとおり。

■茨城県(全局開通)
 茨城勝田局・水戸吉田局・那珂湊局

■東京都
 八王子元横山局

■岡山県(残り2局)
 岡山今村局・岡山西局・妹尾局・倉敷局・水島局

 現在のJ-DSLサービスの開局状況は、まだ1局も開通していない県が5県あるものの、未開局が1〜5局の県が8県となった。一時の開局ラッシュよりもペースが落ちたとはいえ、毎日のように開局していることから、年内から年明けには全局でサービスを提供している可能性も出てきた。

 都道府県別にまとめた未開局状況は以下のとおり。

●全局が未開局の都道府県
 島根県(1局)、宮崎県(1局)、鳥取県(2局)
 和歌山県(4局)、沖縄県(4局)

●残り1局となった都道府県
 福岡県

●残り2局となった都道府県
 北海道、岡山県

●残り3局となった都道府県
 栃木県、鹿児島県

●残り4局となった都道府県
 神奈川県

●残り5局となった都道府県
 群馬県、東京都
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top