PFU、NetVehicle-iをフレッツ・ADSL対応。ファームウェア更新でPPPoEが利用可能に | RBB TODAY

PFU、NetVehicle-iをフレッツ・ADSL対応。ファームウェア更新でPPPoEが利用可能に

IT・デジタル その他

 PFUは、同社のISDNダイヤルアップルータ「NetVehicle-i」について、11月22日よりフレッツ・ADSLに対応させると発表した。フレッツ・ADSL対応については特にハードウェアの変更はなく、ファームウェアの変更だけで対応。ファームは付属CD-ROMに収録されてた状態での提供となる。既存NetVehicle-iユーザー向けにはフレッツ・ADSL対応ファームの無償配布が予定されている。こちらもダウンロード開始は11月22日。

 ファームウェアの変更によってPPPoEがWAN側に使用できるようになり、NetVehicle-iがブロードバンドルータとして使用できるようになる(ISDN機能も、そのまま利用可能)。フレッツ・ADSL環境でもISDN向けに提供されていたセキュリティ機能は利用できるとのことで、IPフィルタやURLフィルタ、HTTP/FTPプロキシなどがサポートされる。

 フレッツ・ADSL(PPPoE)にも対応可能なISDNダイヤルアップルータということで、将来的なアップグレードを考えているユーザにとっては魅力的な選択肢と言えそうだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top