ドリームネットが家族で楽しむインターネットに向けたサービス。オプションでWebフィルタリング、メール受信拒否、メールウィルスチェックなどを提供 | RBB TODAY

ドリームネットが家族で楽しむインターネットに向けたサービス。オプションでWebフィルタリング、メール受信拒否、メールウィルスチェックなどを提供

ブロードバンド その他

 ドリームネットが、常時接続時代のファミリーに向けて、安心してインターネットを楽しめる機能を提供する。

 今回ドリームネットが提供するものは、Webフィルタリングサービス、メール受信拒否設定、メールウイルスチェック、アタック監視サービスの4種類。いずれも、常時接続時代に向け、安心してインターネットを使えるようにするものとしている。

 Webフィルタリングサービスは、11月15日より提供を開始するサービス。月額800円で、違法・有害サイトへの不用意なアクセスを制限するもの。特に常時接続時代になり、ファミリー向けのサービスとして提供する。

 12月から提供するサービスは3種類あり、メール受信拒否設定、メールウイルスチェック、アタック監視サービスが予定されている。いずれも正式提供の時期は未定だが、メール受信拒否設定は、迷惑メールやいたずらメールをシャットアウトする機能を備える。また、メールウィるすチェックは、ウィルス添付のメールを検知し、サーバサイドで駆除するサービスとなる。サーバ側で検知するため、メールから進入してくるウィルスを受信することなくシャットダウンできるようになる。さらに、アタック監視サービスは、ドリームネットがこれから提供を予定している固定IPアドレスを使った会員向けのもので、不正アクセスやアタックの監視を提供するもの。

 12月より提供する予定のサービスは、メール受信拒否設定が月額200円、メールウイルスチェックが月額300円となる。また、アタック監視サービスに関しては、現在のところ料金未定となっている。

 今回のサービスは、原則的にドリームネットユーザに向けたものであるが、Webフィルタリングサービスに関してはドリームネット以外のユーザも利用できるものとなっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top