メルコがAirStationの次世代モデル。802.11bに準拠すると共に、TI独自の22Mbps通信に対応した製品を発売 | RBB TODAY

メルコがAirStationの次世代モデル。802.11bに準拠すると共に、TI独自の22Mbps通信に対応した製品を発売

IT・デジタル その他

 メルコは、無線LAN規格のIEEE802.11b対応製品のAirStationに独自の22Mbps通信に対応した次世代モデルを投入する。

 22Mbps対応製品はAirStation2xで、IEEE802.11b規格に準拠したうえで、テキサスインスツルメンツ独自の22Mbps通信もオートセンスで対応する。独自の22Mbps通信を実現してはいるものの、11Mbps通信部分はWi-Fiに準拠しておりWi-Fiの認証を取得する方針でいる。ローカルな通信プロトコルではないため、汎用性が高いのが特徴となる。

 AirStation2xの製品はアクセスポイントとLANカードの2つで、いずれもTIの2xに対応している環境のときのみ、22Mbps通信を実現する。アクセスポイントのWLA-T22Gは33,800円で、LANカードのWLI-CB-T22Gは12,000円となる。発売は、2002年2月を予定している。


アクセスポイントのWLA-T22G


LANカードのWLI-CB-T22G
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top