イー・アクセス、8Mbpsサービスの評価結果を報告 | RBB TODAY

イー・アクセス、8Mbpsサービスの評価結果を報告

ブロードバンド その他

 イー・アクセスは、10月下旬より提供している下り速度最大8MbpsのADSLサービスにおいて、サービスインまでに同社実験室の実験環境下で評価した結果を発表した。

 この評価では8Mbps対応のDSLAMおよびADSLモデムを使用、この2つの機器間に回線シミュレータとISDNノイズシミュレータを挿入。同社採用の8MbpsのG.dmt Annex C規格のほかに、従来の1.5Mbpsサービスで使用しているG.lite Annex C規格および同社では採用していないG.dmt Annex A規格の機器も使用して比較実験を行った。実際の利用時にはISDNノイズのほかに、AMラジオや電源等のノイズによる干渉も予想されるという。

 評価の結果、以下のようなことがわかった。

・G.dmt Annex C規格(下り最大8Mbps)を利用した場合、ISDN干渉の有無、線路長にかかわらずG.dmt Annex A規格(下り最大8Mbps)およびG.lite Annex C規格(下り最大1.5Mbps)を利用した場合より優れた性能を示した。

・強いISDN干渉はG.dmt Annex A規格への影響が著しく、路線長2kmを超える環境では接続不可能な場合が多い。

・強いISDN干渉、路線長2km以上の環境下では、G.lite Annex C規格からG.dmt Annex A規格へ変更しても性能改善はほとんど望めない。この場合、機器の個体差や誤差により改悪となる可能性もある。

・路線長3km以上、もしくは現在のリンク速度が600kbps前後の場合、G.lite Annex C規格からG.dmt Annex C規格への変更による性能向上は見込めない。

・G.dmt Annex C規格を利用し、ISDNノイズの干渉がない場合、路線長1.5kmまでは8Mbpsの速度が実現、2kmを過ぎると速度低下が著しく、3kmで4Mbps、3.5kmから4kmの間で2Mbpsを下回る結果となった。

 これらの結果から、いずれの環境下においても、G.dmt Annex CのADSL機器を使用した場合、1.5Mbpsサービスと同等以上の性能を発揮、さらに日本におけるISDNの普及率を考慮した場合、Annex AではなくAnnex Cを採用することでより安定した通信環境を供給できるという結論となった。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top