NTT東西、コロケーション手続などに関する約款変更を申請。無料保留期間や工事準備期間の短縮 | RBB TODAY

NTT東西、コロケーション手続などに関する約款変更を申請。無料保留期間や工事準備期間の短縮

ブロードバンド その他

 NTT東日本とNTT西日本は、コロケーション手続きと光ファイバ設備の利用手続きなどに関する接続約款の変更について認可申請をおこなったと発表した。コロケーション(ADSLなどで使用される)については、相互接続点調査の回答から申し込みまでの期間を、現在の3ヶ月から1ヶ月に短縮したほか、相互接続点調査の回答から工事着工までの保留期間を、現在の最大1年3ヶ月から6ヶ月まで短縮している。

 また、光ファイバ設備についても、設備調査の回答からファイバ接続開始までの期間を、現在の1年から6ヶ月に短縮した。

 今回の変更は、コロケーションや接続を申し込んだ側の通信事業者が、実際に工事や接続を開始するまでの無料保留期間の短縮が主だが、NTT側の提供準備期間の短縮も含まれているため、認可されれば、より短期間でのサービス提供が可能になると期待される。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top