山梨CATV、グローバルIPアドレスを自動的に割り当てるプランを追加。12月より | RBB TODAY

山梨CATV、グローバルIPアドレスを自動的に割り当てるプランを追加。12月より

ブロードバンド 回線・サービス

 山梨CATV(山梨県)は、12月1日よりグローバルIPアドレスを自動的に割り当てるサービスプランを追加する。同時に、現サービスプランのうち「ライト」「ベストエフォート」「グローバル64」の利用料を値下げすると発表した。

 新たに追加されるサービスプラン「DHCPグローバルベストエフォート」は、その名称とおり、グローバルIPアドレスをDHCPサーバによって自動割り当てするというプランである。速度は、プライベートIPアドレスを割り当てている「ベストエフォート」プランと同じ下り最大4Mbps、上り最大1Mbps。利用料は、月額4,980円。基本サービスには、ベストエフォートプランや固定グローバルプランと同様、5Mバイトのメール容量が利用できるメールアカウントが1個と10Mバイトのホームページ容量が含まれる。

 新プランの追加により、既存プランも大幅に次のように大幅に値下げされる。

  ライト:2,950円→2,600円
  ベストエフォート:5,000円→3,800円
  DHCPグローバルベストエフォート:4.980円
  グローバル64:6,500円→4,980円
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top