マイクロ総研、新型ブロードバンドルータ「NetGenesis CATsW」を11月1日より発売。実効スループットは8.7Mbps | RBB TODAY

マイクロ総研、新型ブロードバンドルータ「NetGenesis CATsW」を11月1日より発売。実効スループットは8.7Mbps

IT・デジタル その他

 マイクロ総合研究所は、11月1日より新型のブロードバンドルータ「NetGenesis CATsW」を発売すると発表した。価格はオープンプライス(参考:直販価格15,800円)で、最上位モデルのNetGenesis OPTの低価格バージョンといった位置づけの製品になる。

 WAN側は10BASE-Tポート×1、LAN側は4ポートスイッチングハブ(10/100自動切替)となっている。LAN側ポートはストレート・クロスの自動判別機能を備えているため、ケーブルの種類や接続する機器を意識せず、簡単に接続できる。

 設定はWWWブラウザからおこなえる。フレッツ・ADSLに接続する際に、簡単に設定できる専用画面も用意されたことで、初心者でも扱いやすくなったという。

 実効スループットは8.7Mbpsで、最上位機種のNetGenesis OPTには及ばないものの、ほとんどのブロードバンドサービスで十分なスループットといえるだろう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top