アライドテレシス、AR700系およびAR300系ルータ用の新ファームを公開。CodeRedワームへの対応など | RBB TODAY

アライドテレシス、AR700系およびAR300系ルータ用の新ファームを公開。CodeRedワームへの対応など

IT・デジタル その他

 アライドテレシスは、同社のルータCentreCOM AR740/AR720/AR320/AR300V2/AR300LV2の5機種について、新バージョンのファームウェアを公開した。バージョンはそれぞれ、AR740/AR720用がVer.2.0.7PL4、AR320/AR300V2/AR300LV2用がVer.2.0.4PL7。CodeRedワームなどによる不正なパケットを受信した際にルータが停止することがある問題や、PPPoE+ENATでの運用でルータがリブートすることがある問題への対処などがおこなわれている。

 新ファームウェアは同社のウェブサイトから入手できる。ダウンロード時にはARルータのシリアルナンバーの入力が必要。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top