IIJ、Bフレッツビジネスタイプに対応したメニューを追加。大容量ファイルのダウンロード専用ホスティングサービスも実験サービスを開始 | RBB TODAY

IIJ、Bフレッツビジネスタイプに対応したメニューを追加。大容量ファイルのダウンロード専用ホスティングサービスも実験サービスを開始

ブロードバンド その他

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、Bフレッツ ビジネスタイプに対応した法人向けサービスと、「IIJ DSL/F」において1個または4個の固定IPアドレスを割り当てるメニューの追加、大容量ファイルのダウンロードに特化したホスティングサービスの試験サービスを行うと発表した。

 Bフレッツ対応サービス「IIJ FiberAccess/F」に追加されるのはビジネスタイプ用のメニューで、ベーシックタイプ同様、IPアドレスが6個利用できる「1/32C」(月額30万)と14個利用できる「1/16C」(月額35万)の2つ用意されている。「IIJ DSL/F」に追加されるのは、固定IPアドレス4個利用できる「1/64C」(月額14,800円)と1個利用できる「1/256C」(月額9,800円)の2種類。どちらのサービスも、同社の国内バックボーンの往復遅延時間に対してSLA(サービス品質保証制度)を付与されている。サービス開始は11月1日より。

 また、ホスティングサービス「IIJダウンロードサイトサービス」は、同社のバックボーンに直結したサーバの200Mバイトのディスクスペース、1サーバあたり10Mbpsに設定される帯域など、大容量ファイルのダウンロードに適したサーバ環境を提供する内容となっている。11月1日〜2002年1月31日までの試験サービス期間は無料で利用できる。応募受付は10月17日〜10月31日。募集定員は20名。本サービスは2002年2月1日の予定。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top