hi-hoがイー・アクセスの8Mpbsサービスに対応。11月16日よりサービス開始 | RBB TODAY

hi-hoがイー・アクセスの8Mpbsサービスに対応。11月16日よりサービス開始

ブロードバンド その他

 Panasonic hi-ho(松下電器産業)は、イー・アクセス回線利用したADSLサービスにおいて、下り最高8Mbpsに対応すると発表した。申込開始および本サービスは11月16日より開始される。

 新たに追加される「まとめてADSLコース/8Mbpsサービス」は、初期登録料4,000円、月額利用料3,480円、モデムレンタル料500円で提供される。モデムはレンタル(ルータタイプ)のみで、買い取りメニューはない。ちなみに、この月額利用料、現時点のイー・アクセスの8Mbpsサービスの中ではもっとも高い設定となっている。サービスエリアは、16日の開始時点で350局程度、11月末時点で全473局に拡大するとしている。

 また、8Mbps対応サービスの開始を記念して、16日〜12月12日まで「まとめてADSLコース」(1.5Mbpsもしくは8Mbps)への申込者に対して初期登録料の4,000円を無料にするキャンペーンを実施する。


 同社は、すでに9月より現在の「まとめてADSLコース」(下り最高1.5Mbps)の利用料を月額2,980円に値下げしている。そのため、8Mbps対応コースの新設による1.5Mbps対応コースの利用料の値下げはない。そのかわりに、同社は市販のADSLモデムの利用に対応するため、「まとめてADSLコース/1.5Mbpsサービス」に「モデムなしタイプ」を追加する。これまでは、モデム買取のみに対応していたが、このサービスの追加によりユーザの選択の幅が広がったことになる。本サービスの適用は10月16日より。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top