SANNETもイー・アクセスの8Mbpsコースに対応。本日より受付を開始。同時にブロードバンドスタンダードの容量制限を撤廃に | RBB TODAY

SANNETもイー・アクセスの8Mbpsコースに対応。本日より受付を開始。同時にブロードバンドスタンダードの容量制限を撤廃に

ブロードバンド その他

 SANNET(三洋電機ソフトウエア)は、イー・アクセスの8Mbpsサービス対応コースの追加とフレッツシリーズおよびイー・アクセス対応コース「ブロードバンドスタンダード」のデータ転送量の制限を撤廃すると発表した。どちらのサービスも11月1日より適用される。8M対応サービスの申込受付は本日より。

 新たに追加される8Mbps対応コース「ADSL-8Meコース」は、通信速度が下り最大8Mbps、上り最大1MbpsのG.dmt AnnexCに対応したサービス。利用料金は、NTT回線使用料を別にして2,980円。モデムレンタル料が500円。同社では、モデム買取やモデム無しのメニューも用意する。サービスエリアは、350局から開始し、11月末までに全473局に拡大される予定である。

 11月1日よりデータ転送量の制限(2Gバイト)を撤廃し無制限になるのは、フレッツ・ISDN/ADSL、Bフレッツおよびイー・アクセスに対応したサービスメニューのひとつ「ブロードバンドスタンダードコース」。この制限の撤廃により、同コースでは月額800円の料金でフレッツシリーズおよびイー・アクセスのADSL回線を無制限に利用することができるようになる。それぞれの合計金額は以下のとおり。

 イー・アクセス:2,800円
 フレッツ・ADSL:3,900円

 同社のフレッツおよびイー・アクセス対応コースは、ブロードバンドスタンダードのほかに、100Mバイトに制限された「ブロードンバンドライト」(月額300円)とデータ転送量もダイアルアップ利用料も無料の「フルタイム」(月額1,800円)の2種類がある。

 また、同社ではイー・アクセスの8Mbps対応サービスの開始を記念して、開通一時金の2,000円を無料にするキャンペーンを展開する。キャンペーン期間は11月30日。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top