ソニー、IEEE802.11a対応の5GHz無線LANシステムを発売 | RBB TODAY

ソニー、IEEE802.11a対応の5GHz無線LANシステムを発売

IT・デジタル その他

 ソニーは、バイオの周辺機器「バイオギア」として、IEEE802.11aに準拠した無線LANアクセスポイントおよびPCカードタイプの無線LANカードを発売する。IEEE802.11aは、5GHz帯を使って最大54Mbpsの通信が可能。従来のIEEE802.11b(Wi-Fi)より高速なのが特徴である。Wi-Fiタイプの無線LANシステムとの相互通信はできない。発売予定日は11月3日で、価格はそれぞれオープンとなっている。

 無線LANアクセスポイント「PCWA-A500」は、ルータ機能を内蔵しており、PPPoEにも対応している。WANポートおよびLANポートには10/100BASE-TXが各1ポート装備されていて、無線LANと有線LANがブロードバンド接続を共有することができる。

 無線LANカード「PCWA-C500」はCardBusタイプで、Windows2000用およびWindowsXP HomeEdition用のドライバが付属する。WindowsMe対応ドライバは2002年2月配布予定。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top