C3YOKOHAMA、さらなる価格引き下げ。128kbpsで1,980円のエコノミーメニューも投入 | RBB TODAY

C3YOKOHAMA、さらなる価格引き下げ。128kbpsで1,980円のエコノミーメニューも投入

ブロードバンド 回線・サービス

 6月のサービス改定に引き続き、C3YOKOHAMAがインターネット接続サービスの料金を引き下げると共に、128kbpsで1,980円のエコノミーメニューを投入した。

 C3YOKOHAMAは、既存インターネットサービス内容はそのままに、既存メニューの料金を引き下げることと、新たに低料金プランを追加することで、ADSL陣営に対する差別化を図る。

 既存プランの新料金は1.5Mbpsの高速サービスが月額4,980円となり、多チャンネルと同時契約をした場合には、さらに500円の割り引きがかかる。また、2Mbpsサービスのプレミアムも14,500円と500円の値下げをした。

 これに加え、エントリーユーザの取り込みに向けてC3YOKOHAMAは128kbpsのエコノミープランを月額1,980円で投入した。エコノミープランは電子メールアドレスとインターネットアクセスという基本サービスのみに限定し、ホームページのためのディスク容量などをすべてオプションにすることで、2,000円を切る価格付けとしている。

 なお、今回の引き下げにより、ケーブルモデムのレンタル料金として別途500円が発生するようになり、実質的に高速サービスは20円の値下げとなる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top