関西電力、FTTHなどによるブロードバンドコンテンツ配信実証試験を11月からスタート | RBB TODAY

関西電力、FTTHなどによるブロードバンドコンテンツ配信実証試験を11月からスタート

ブロードバンド その他

 関西電力は、光ファイバネットワークを利用したブロードバンドコンテンツの配信実験を、11月より関西地区の複数拠点で実施する。実験では、コンテンツ配信、FTTHの光ファイバ網構築、インターネットカフェの構築などが検証される。

 100MbpsのFTTHネットワークは、西宮市内の戸建住宅500戸程度、およびアメリカ村75軒程度に対して構築される。また、10Mbpsサービスとして、ケイ・オプティコムのインターネットマンション居住者、および京阪ケーブルテレビジョンのZAQユーザから、500世帯程度が募集される。

 コンテンツは、映画・音楽・ゲーム・教育などで、音楽のネットレンタルや映画のオンデマンド配信なども実施される予定。課金や著作権保護、コンテンツ加工ものほか、コンテンツに対するユーザの利用状況も検証内容としてあげられている。

 インターネットカフェについては、11月22日にヨドバシ梅田ビル1Fにドトールコーヒーと共同で開設する予定で、大画面モニターの設置やイベントライブ配信などがおこなわれる。ブロードバンドコンテンツのPRなどに利用されるという。

 実験は2002年3月末までの予定。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top