総務省、無線アクセスについての情報通信審議会答申概要を公表。2.4GHz帯の規制緩和と、10〜30GHz帯による100Mbps超の無線アクセスの実現について | RBB TODAY

総務省、無線アクセスについての情報通信審議会答申概要を公表。2.4GHz帯の規制緩和と、10〜30GHz帯による100Mbps超の無線アクセスの実現について

ブロードバンド その他

 総務省は、9月25日に情報通信審議会からの答申を受け、その概要を公表した。それによると、2.4GHz帯については、高指向性アンテナの使用を認める、OFDM方式(直交周波数分割多重方式/Orthogonal Frequency Division Multiplexing)を導入して20Mbps以上のデータ通信を可能にする、移動体識別システムに周波数ホッピング方式を導入する、といった答申がおこなわれた。高指向性アンテナは、無線LANの到達距離を3倍程度に伸ばすことができる。

 また、10GHz〜30GHz帯(準ミリ波帯)の利用については、OFDMを使用して100Mbps〜400Mbpsという高速伝送(25GHz帯の500MHz幅を使用した場合の試算例)を移動体で実現するとし、高速な無線LANとしての使用のほか、家庭内AV機器や情報家電のホームリンク、公衆屋外アクセスなどでの利用が想定されている。通信距離は、数メートルから数百メートル。

 これらが実現すれば、現行のFTTHサービスにも十分対抗できる高速通信が無線でも可能となるものと期待される。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top