BIGLOBE、ストリーミングサービスのアウトソーシング事業を開始。配信サービスのほか、認証・課金なども提供 | RBB TODAY

BIGLOBE、ストリーミングサービスのアウトソーシング事業を開始。配信サービスのほか、認証・課金なども提供

ブロードバンド その他

 NECは、「BIGLOBEストリームサービス」として、ブロードバンドコンテンツ配信のアウトソーシングサービスを開始する。BIGLOBEのデータセンターやバックボーンを活用したサービスで、WindowsMediaもしくはリアル形式での配信が可能。

 サービスは、帯域とディスク容量で3タイプのメニューが用意される。各メニューの詳細は以下のとおり。

メニューA:配信帯域 1Mbps
 初期費用 10万円
 月額料金 10万円
 ディスク容量 100MB

メニューB:配信帯域 2Mbps
 初期費用 10万円
 月額料金 20万円
 ディスク容量 200MB

メニューC:配信帯域 5Mbps
 初期費用 10万円
 月額料金 60万円
 ディスク容量 1GB


 また、BIGLOBE会員IDをベースにした認証・課金や、コミュニティサービス、エンコード代行、イベントなどでの中継など、ストリーミング配信に付帯する有償オプションも提供される。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top