宮城ケーブル、12月からは48kbps/1.5Mbps/3Mbpsの3種類のメニュー提供へ | RBB TODAY

宮城ケーブル、12月からは48kbps/1.5Mbps/3Mbpsの3種類のメニュー提供へ

ブロードバンド 回線・サービス

 宮城ネットワーク(宮城県)は、12月1日からのサービス内容の全貌を公表した。最終的に同社は、速度別に48kbps、1.5Mbps、3Mbpsの3つのコースを提供することになる。

 既報では、1.5Mbpsと3Mbpsの2コースの提供かと思われた宮崎ケーブルテレビだが、現在の14.4kbpsコースも48kbpsと速度アップすることになった。利用料は据え置きの月額2,000円。同時に、メールアカウントの追加料金も月額200円へと値下げされる。

 12月1日より、現14.4kbpsユーザは新48kbpsコースへ、現26kbpsユーザは新1.5Mbpsコースへ、現512kbpsユーザは新3Mbpsコースへと自動的に移行となる。また、現1Mbpsユーザは、新1.5Mbpsコースと新3Mbpsコースのどちらでも選択できる。

 12月1日以降のサービスメニューは以下のとおり。

●48kbps:
 速度:上下とも48kbps
 利用料:月額2,000円

●1.5Mbps:
 速度:下り1.5Mbps、上り1Mbps
 月額4,800円

●3Mbps:
 速度:下り3Mbps、上り1Mbps
 月額7,800円

 同社は、6月20日に現在のサービスメニューに改定している。その当時の96kbpsユーザは現在の256kbpsを経て12月1日からは1.5Mbpsと、わずか半年間で大幅な速度アップとなる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top