松下がデジタル機器とインターネットの融合に積極的。J-COMに出資し関西での基盤確保へ | RBB TODAY

松下がデジタル機器とインターネットの融合に積極的。J-COMに出資し関西での基盤確保へ

ブロードバンド その他

 松下電器は、昨日付けで国内唯一のMSOであるジュピターテレコムに出資した。出資比率は2%で、ケーブルテレビのデジタル化とインターネットの融合に向けた動きを目的としている。

 松下電器は、関西地域のケーブル会社に出資していると共に、Hi-Hoを運営している。今回J-COMへの出資により、ケーブルテレビシステムのさらなる強化をめざし、番組製作システムからSTBまで広く事業拡大を目指すもの。

 今回の出資により、松下電器はデジタルBS/CSの再送信システムや双方向システム、インターネットと融合した新たなハードウェアの開発に力を入れると共に、関西地域での広域コンテンツサービスなどを提供する方向でいる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top