クロスウェイブ、9月1日より電力系NCCのアクセス回線に独自料金を設定。ユーザー負担を軽減 | RBB TODAY

クロスウェイブ、9月1日より電力系NCCのアクセス回線に独自料金を設定。ユーザー負担を軽減

ブロードバンド その他

 クロスウェイブコミュニケーションズは、電力系NCC 9社(下記参照)からアクセス回線区間の料金設定権を取得し、9月からクロスウェイブ独自の月額利用料を設定すると発表した。

 対象品目は、1.5Mbpsおよび、ATMの3Mbps〜45Mbps。料金は、MA内で1.5Mbpsが12万円/月。ATMは同じくMA内で17万4千円(3Mbps)〜71万8千円(45Mbps)などとなっている。

 このアクセス回線は、同社の広域LANサービスなどで利用できる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top