フレッツ・ADSL、10月より月額3,100円に値下げ、フレッツ・ISDNは2,900円に。NTT東ではADSLモデムも値下げ | RBB TODAY

フレッツ・ADSL、10月より月額3,100円に値下げ、フレッツ・ISDNは2,900円に。NTT東ではADSLモデムも値下げ

ブロードバンド 回線・サービス

 NTT東西は、フレッツ・ADSLの料金を10月1日より、電話線共有タイプを3,100円(現行3,800円)に、ADSL専用線タイプを4,750円(現行5,450円)に値下げすることを発表した。また、フレッツ・ISDNついても同時期に2,900円(現行3,300円)に値下げする予定だ。

 フレッツサービスは、別途ISPとの契約が必要なため単純に他の事業者と比較は出来ないが、フレッツ・ADSLで、NTT-MEのWAKWAKざんまいADSL(800円/月〜)と組み合わせて使用する場合、3,900円/月〜となる。これは他のサービスに対抗できる価格帯である。

 前回は7月16日に、フレッツ・ADSLで250円、フレッツ・ISDNで300円の値下げが実施されている。今回はADSLで700円と電話線共有タイプでは20%近い値下げとなり、フレッツ・ADSL/ISDN間で価格差が200円に縮まる。各社値下げ競争が続くなか、NTT東西もようやく値下げに踏み切ったかたちとなった。次はG.dmt Annex Cによる8Mbps ADSLサービスの提供があるかどうかに注目が集まることになりそうだ。

 またNTT東日本は、現在販売中のフレッツ・ADSL対応「ADSL」モデムの価格も10月1日より値下げすると発表した。現行価格23,000円のADSLモデム-NII、ADSLモデム-Sともに5,000円値下げの18,000円となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top