世界発、100Mbpsインターネット経由のハイビジョン放送。IRIとusenが実証実験を実施 | RBB TODAY

世界発、100Mbpsインターネット経由のハイビジョン放送。IRIとusenが実証実験を実施

ブロードバンド その他

 インターネット総合研究所(IRI)と有線ブロードバンドネットワークス(usen)は、総務省の外郭団体である通信・放送機構より、「次世代ハイエンド通信・放送融合システムの研究開発」事業を受託した。

 これにより両社は、usenが敷設した最大100Mbpsの光ファイバを利用した超高速インターネットを経由して、ハイビジョン(HDTV)の映像を家庭まで流すシステムの実用化に向けて、実証実験を実施する。

 実験の中核地域としては、大阪ミナミ地区の若者が集まる通称「アメリカ村」を予定しており、音楽、芸能、アニメ、映画等のコンテンツを発信。コンテンツ提供元として在阪の放送局をはじめ数十社の参加を見込んでいる。今回の実験の予算は総額3億円で、2002年3月まで行う予定だ。

 このプロジェクトは、家庭向けに事業化されているものでは世界最高速の光ファイバ網を利用してハイビジョン映像を放送するというもので、実用化されれば世界にも例のないものとなる。

 さらに両社は。ブロードバンドコンテンツビジネスにおける著作権管理、個人の認証・課金処理、番組編成システム等を整備する計画で、ブロードバンドに適した日本発のビジネスモデルの実用化を目指すという。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top