近鉄ケーブル、月額2,200円の低価格ADSLサービスを10月スタート。さらにCATVサービスに30Mbps、1.5Mbpsコースを新設 | RBB TODAY

近鉄ケーブル、月額2,200円の低価格ADSLサービスを10月スタート。さらにCATVサービスに30Mbps、1.5Mbpsコースを新設

ブロードバンド その他

 近鉄ケーブルネットワーク(奈良県)は、KCN-netにおいて月額2,200円の1.5Mbps ADSL接続サービス「KブロードADSL」を10月より開始する。

 回線速度は下り1.5Mbps/上り512kbpsで、メールアカウント1個、ホームページ容量30Mバイトが標準で付く。料金にはプロバイダ料・接続使用料を含み、電話線共有タイプで187円、ADSL専用線タイプで2,062円のNTT回線使用料が別途必要となる。

 低価格化競争が激化するなか、月額2,200円は、現在のところ最安値となっている。

 「KブロードADSL」のサービスエリアは、大阪府、奈良県および京都府の近鉄沿線地域(一部地域を除く)で、現在、先行予約受付を行っている。

 また同社は、現在提供中の10Mbps CATVインターネット接続サービス「KブロードCABLE10」を10月1日より4,500円(現行5,300円)に値下げするとともに、1.5Mbpsサービス「KブロードCABLE1.5」(月額3,500円)を10月1日より、30Mbpsサービス「KブロードCABLE30」(月額5,500円)を2002年春よりサービス開始する。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top