ブロードバンド加入者数、今後も年間81%の成長率で拡大。IDC Japan予測 | RBB TODAY

ブロードバンド加入者数、今後も年間81%の成長率で拡大。IDC Japan予測

ブロードバンド その他

 IT専門調査会社IDC Japan(東京)がまとめたブロードバンドインターネット加入者推移予測によると、2001年末までに加入者は260万人に達し、今後も年間平均成長率81%で拡大、2005年末までには1,242万人にのぼるという。

 同社は、ブロードバンドをxDSL、CATVインターネット、FTTH(光加入者回線)、FWA(加入者系無線アクセスシステム)の4つに分類し、個々の成長率についても予測している。

 それによると、xDSLはその価格から今後もっとも拡大することが予想され、現在もっとも普及しているCATVインターネットは2005年にはxDSL続く2番手に後退すると見ている。

 また、FTTHについては今後5年間、年間平均成長率166%の急速な伸びを予測しており、加入者数は2005年末には350万人に達すると見ている。アナリストは急成長の要因として、NTTが独占していたFTTH市場も競合事業者の出現により、価格競争やセクター間での活動に拍車が掛かっていることをあげている。

 一方、FWAの2005年末における加入者数は28万人程度と見ており、価格、速度ともに苦戦を強いられるとしている。ただし、地方での利用により高い可能性があるとアナリストは見ている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top