イー・アクセス、住電製ルータタイプADSLモデムの新ファームウェアを公開。@マークを含む認証パスワードの問題などに対応。TE/4CはNATのポート範囲指定が可能に | RBB TODAY

イー・アクセス、住電製ルータタイプADSLモデムの新ファームウェアを公開。@マークを含む認証パスワードの問題などに対応。TE/4CはNATのポート範囲指定が可能に

ブロードバンド その他

 イー・アクセスは、ルータタイプのユーザに提供している住友電工製ADSLモデム「MegaBit Gear TE/4C」「MegaBit Gear TE4111C」について、最新のファームウェアを公開した。これは以前、@マークを含むパスワードを使用できないという不具合への対応としてリリースが予告されてたファームウェアである。

 そのほかの修正としては、PPPセッションの状態を監視する「LCP-ECHO」機能の追加や、認証タイムアウト値の変更(3秒→20秒・3回試行)がある。

 また、TE/4C用の新ファームについては、「NAT(アドレス変換)テーブルの設定」のポート範囲の指定ができるようになった。従来は単一ポート番号での指定が必要だった。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top