吹田ケーブルが個人でもルータを利用できる新メニューの試験サービスモニタを募集 | RBB TODAY

吹田ケーブルが個人でもルータを利用できる新メニューの試験サービスモニタを募集

ブロードバンド その他

 吹田ケーブルテレビジョン(大阪府)は、個人でもルータが利用できる新しいサービスメニューを導入しようと検討しているようだ。同社は、ルータを利用してネットワーク環境を構築する実験サービスを開始するため、50名のモニタを募集している。

 初期費用が10,000円、利用料が月額6,000円、9月末までモニタ利用ができる。速度は、下りが最大512kbps、上りが最大128kbpsのベストエフォートで接続される。IPアドレスは、DHCPOサーバによる自動割当でグローバルIPアドレスが1個利用できるほか、パナソニックのゲートウェイステーションも貸与される。

 今回の試験サービスの結果が良好ならば、モニタ期間終了後の10月より新サービスが導入されることになるが、利用料や速度なども変更される可能性がある。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top